どうも、AKIKAZE(秋風)です。


ありがといことに、今日もホラリーのお仕事をココナラさんで頂戴いたしました。

嬉しいですね。


ホラリー占星術をするのに、惑星の設定は、

【Asc】【太陽】【月】【水星】【金星】【火星】【木星】【土星】の8地点を設定し

サイン・惑星・アスペクト・ハウスを順に見て判断いたしております。


サインの役割、惑星の性格、アスペクトの座礁・角度、ハウスの意味などを当てはめて

想像すると面白いですね。特に意思を持っている惑星は、解釈が自由の度が広がって

非常に魅力的です。


ホラリーは、7惑星でいいのですが、今度、ネータルチャートに移った場合に、

いろいろと面倒くさくなってくるのかなぁ~。


【天王星】【海王星】【冥王星】が増えることによりちょっと複雑になりますので、

10惑星では、対応や、アスペクトの見方、ハウスの解釈などもちょっと大変でしょうか。


それに加えて、プログレス法、トランジット法を読みこなさなければならないのは、

ちょっと大変ですね。頑張ります。


そうそう、今日の題の【月星座】・・・。ある占い師さんは、『【月】は当たらない』って

言ってたけど、当たりますよ。少なくとも私は当たると思っています。


特に【新月】。素敵な本のご紹介をさせてください。





この本は良かったです。月を知り尽くした人は、ちょっと稚拙に感じるかもしれませんが、

素晴らしい1冊です。


それでは今日は、この辺で。

カテゴリ
タグ